国家公務員って何がある?

国家公務員は通称キャリアと呼ばれています。国家公務員の一般職は日本の未来に大きくかかわる仕事に携われるのが魅力です。そして、種類は大きく二つに分かれ、事務系と技術系があります。事務は、内閣府をはじめ、金融庁、入国管理局のほか、地方運輸局、地方労働局などといった各省庁における事務などがあります。そして、技術系は環境や農林水産業などについて研究したり調査したりします。

国家公務員になるのは高卒でも可能ですが、大学卒業資格を持っている人の方が高卒の資格だけの人より出世スピードが速い傾向にあります。また、生涯収入が多いのも大学卒業資格を持っている人です。このような制度を見直すという声もありまうが、まだ学歴社会という傾向が強い職種でもあります。

そして、やはり、国家公務員の試験を受験するのは国立大学卒業生が多い傾向にあるので、基本的に試験は難しいのでしょう。ですが、国家公務員は採用されると転勤が必須なので家族は少し大変かもしれません。ですが、その分、国の仕事に携われるので、特殊な仕事をする事ができるのも特徴です。国家公務員を目指す場合は事務系か技術系どちらが良いのかをまずは考えて見ましょう。そして、国家試験を受験してください。